借地権の相続

借地権を相続するというシーンに遭遇する時もあるかもしれません。 そのようなとき、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。

借地権とは、建物を所有することを目的として、許可を得て他人の土地を借りているという場合において、土地の貸主さんに対する借主の権利のことを言います。当然、借地なる権利も引き継がれることになります。

借地権とは、土地を借り続けることが出来るための権利です。もっと簡単に言えば、土地は他人のものであり、その上の建物は自分のものという状態のことです。このときには、自分の建物を所有することを目的に、他人の土地を借りていることになり、ここに借地権が発生するということになります。

普通借地権というものがあり、普通借地権の場合では、借地人は、借地借家法により守られているから土地に対して強い権利を持っています。借りている土地の上に建物がある場合、そして建物を建て替えた場合などでは、はじめに契約期間が定められていたとしても、その期間は更新することが出来ます。地主さんが契約の更新を拒んだとしても、借地人は建物の買取りを請求することが出来ます。

もう一つ定期借地権があり、定期借地権では、期間の定めがある借地の権利となり、普通借地権と比較しても、土地の所有者の権利が色濃く残ることになります。借地人は、今までの普通借地権のように契約期間の延長をすることが出来ません。地主さんは逆に契約期間満了時に確実に土地が返還してもらうことが出来ます。更に続けます。