月別アーカイブ: 2017年2月

専門家に相談する

Published / by 管理人

多少借地権の相続というものが何かということを理解していただけたでしょうか。しかし、話しは実際にはまだまだです。まだまだ実際に相続をする人たちは、相続税評価における借地権の計算方法についても考えていかなければなりません。

借地権と相続税の問題とは、多くの人たちが今後体験することではないでしょうか。貸しているとはいえ、他人の家が自分の土地の上に建っているという問題、家を建てているその土地は人から借りているという問題を、スムーズに解決して行きたいものの、借地権がある土地を相続という場合、評価が複雑で土地の価額を求めるのがとても難しいのです。

借地権の基礎なる部分は、多少理解することが出来たとしても、問題は次です。どのようにして借地権のある土地の価額を求めて行けばいいのか、そして相続税はいくらになるのか、ほとんど法律に無知なる人たちが、このような困難に簡単に向きあうことが出来るのかと言えば、大いなる疑問があります。

土地の評価方法や評価明細書の書き方などの情報は、一杯インターネットに公開されていて、ちょっと勉強すれば、きっと理解出来ると思っているのかもしれませんが、やっぱりここで一番大事なことと言えば、専門家にしっかり相談することではないでしょうか。

関連サイト……借地権の相続相談サイト「ピタットハウス」

相続税法上の借地権

Published / by 管理人

次には、相続税法上の借地権について考えていくことになります。まず、民法の上での借地権という場合、税法の問題とは借地権の範囲が違って来ます。民法上における借地の権利とは、借地借家法に規定する借地権のことをさし、建物の所有を目的としている地上権、または土地の賃借権のことを言います。

しかし、問題は、相続税法上の借地権についてです。税法上の借地権の定義について考える必要があり、相続税法、所得税法、法人税法、いずれに準拠するかによりその範囲が多少異って来て、相続税法上の借地権という場合においては、建物の所有を目的とする地上権、または土地の賃借権を指し、借地借家法上の借地権の範囲と同一とみなすことが出来ます。

しかし、以下のようなことを注意もしなければなりません。まず、土地の利用権が使用貸借権であるものは該当させることが出来ません。建物の所有を目的とし土地を借りていても、地代を全く支払わずに無償で借りているような場合、借地権ではありません。

更に、建物の所有を目的とするものでなくてはならないということであり、駐車場や資材置き場として使用する為に土地を借りているようなケースでは、それは借地権ではないのです。

借地権の相続

Published / by 管理人

借地権を相続するというシーンに遭遇する時もあるかもしれません。 そのようなとき、どのような点に注意をしなければならないのでしょうか。

借地権とは、建物を所有することを目的として、許可を得て他人の土地を借りているという場合において、土地の貸主さんに対する借主の権利のことを言います。当然、借地なる権利も引き継がれることになります。

借地権とは、土地を借り続けることが出来るための権利です。もっと簡単に言えば、土地は他人のものであり、その上の建物は自分のものという状態のことです。このときには、自分の建物を所有することを目的に、他人の土地を借りていることになり、ここに借地権が発生するということになります。

普通借地権というものがあり、普通借地権の場合では、借地人は、借地借家法により守られているから土地に対して強い権利を持っています。借りている土地の上に建物がある場合、そして建物を建て替えた場合などでは、はじめに契約期間が定められていたとしても、その期間は更新することが出来ます。地主さんが契約の更新を拒んだとしても、借地人は建物の買取りを請求することが出来ます。

もう一つ定期借地権があり、定期借地権では、期間の定めがある借地の権利となり、普通借地権と比較しても、土地の所有者の権利が色濃く残ることになります。借地人は、今までの普通借地権のように契約期間の延長をすることが出来ません。地主さんは逆に契約期間満了時に確実に土地が返還してもらうことが出来ます。更に続けます。